加圧トレーニングとは何?メリットや注意点は?

そもそも加圧トレーニングとは何か

加圧トレーニングは、適切に血流を制限しながら行うトレーニング方法です。専用の加圧ベルトを腕や脚の付け根に装着してトレーニングを開始します。トレーニングの内容は通常よりも低い負荷で行う場合が多く、なぜなら低い負荷でも十分な効果を発揮するのが加圧トレーニングの特徴だからです。趣味で行うトレーニングはもちろん、プロスポーツ選手も取り入れるトレーニング方法で、自己流では絶対に行わずトレーナーの元で行うのが鉄則です。

体内では何が起こっているか

加圧トレーニングは最初から血流が制限されている状態で行うので、少しの動きでも早く辛くなってきます。酸素不足の中でトレーニングを行うことにより乳酸が急速に溜まってくるので早く辛くなってくるのです。乳酸が溜まることによって成長ホルモンの分泌が盛んになり、この成長ホルモンが筋肉を修復したり脂肪を燃焼させるなど様々な効果を発揮するのです、更に、普段使わないような毛細血管も刺激して血液が流れるようにします。

注意点は必ず守ってください

加圧トレーニングを行う時、とにかく圧をかければ良いと適当なベルトで血流を制限すると血管に悪影響を及ぼして命に関わるような病気になることがあります。必ず専用の加圧ベルトを使い、トレーナーに圧を設定してもらった上でトレーニングを始めます。体に負担がかかるトレーニングなので体調不良の時は避けるべきですし、風邪薬などの薬を服用している方も悪影響を及ぼす可能性があるのでやってはいけません。心疾患などを抱えている方も避けるべきです。

加圧トレーニングなら横浜のスタジオを利用することで、優れたアクセス環境や充実したレッスンなどが期待できます。