口を開けても大丈夫!目立たない歯の治療について

「見た目」も進化する歯科医療

小さな頃、虫歯の治療や歯の噛みあわせ矯正を行った方は多いかと思います。虫歯の治療で被せた銀歯や矯正装置は金属製であることも相まって、食事の時や声を上げて笑うときに他の人から見えてしまうこともありますよね。セラミックやコンポジットレジンなど、歯科医療はぱっと見ではわからない外見にも治療できるよう進化しています。本来の白い歯でなく、鈍い銀色が口の中に見えてしまうのが嫌だと思う人は、歯医者さんに相談することで目立たない治療方法を提案されるかもしれません。

銀歯を使わない虫歯の治療とは?

銀歯があると「ああ、この人は虫歯をしたんだな」と思われてしまうと不安になったことはありませんか?もしいるならかかりつけの、あるいは近隣にある歯医者さんに相談してみると白くて自然な治療法があるでしょう。陶器製なので白くて丈夫なセラミックや、特殊な光を当てることで固まり直ぐに食事をすることが出来るコンポジットレジンといった素材を使用することで、自然な口内に見せることが出来ます。自信をもってカラオケで大きく口を開けることだって可能になりますよ。

歯の矯正だって目立たずに

歯の矯正を行っていると、外からワイヤーが見えてしまって気になるという不満を抱えたことはありませんか?透明なマウスピースを使った治療なら、つけている間も目立たせることなく過ごせます。マウスピースを使用した矯正では、従来のブラケット装置を使った矯正では運動中に装置を引っ掛けて口の中を切ってしまったり、吹奏楽の演奏に支障があったりした人にも適応できます。このように、外見への配慮や利便性が向上した歯の治療方法・矯正方法が日々進化しています。一人で悩まずに、専門家に相談してみませんか?

歯のセラミックの料金は、各医療機関によって異なります。自由診療なので、事前に確認をしておくことが必要です。