患者目線・歯医者目線の両方から見た、良い歯医者さんの選び方

患者から見たよい歯医者とは?

患者が考える良い歯医者は、歯医者の腕がいいことはもちろん、受付・衛生士の対応が良い事、説明をわかりやすくしてくれること、院内が清潔、という歯医者が多いです。自分の体の一部である歯の治療を任せるわけですから、清潔な環境や、丁寧でわかりやすい説明を求めるのは当たり前ですよね。しかし、知識のある歯医者から見れば、素人の患者の人は良い歯医者を選ぶ際に見落としている点があります。次の段落では、歯医者目線から見た良い歯医者の選び方について説明したいと思います。

歯医者から見た良い歯医者の選び方

素人の患者とは違い、専門知識のある歯医者さんは良い歯医者を選ぶときの条件も異なるようです。例えば、歯医者さんが良い歯医者を見極める条件として、今症状のある場所ではなく全体を診て治療してくれるかどうかや、医院のスタッフ全員がそれぞれの仕事に責任を持っているかどうか、予防歯科に力を入れているか、などを見るようです。歯医者さんは私たち知識のない素人には気づかない細かい点まで見てるんですね。歯医者選びをするときには、歯医者さんが他の歯医者さんをどのように見ているのかを知っていれば、良い歯医者さんを選ぶ際の参考になるでしょう。

治療を任せる歯医者さんを選ぶのは自分

どれだけ他の歯医者さんが良いと思った歯医者さんでも、人間ですから性格や治療方法などで合わない歯医者さんはいます。また、良い歯医者さんを見つけても通院に時間がかかる場所にあると、通うのがしんどくなって治療している最中に足が遠のいてしまうかもしれません。歯医者さん選びは自分が主体となることを忘れずに、歯医者さんの意見も取り入れながら選ぶと、自分に合った良い歯医者さんが見つかる可能性がぐっと上がりますよ。

恵比寿の歯医者では、通常の麻酔をする前に表面麻酔をするので、ほとんど痛みを感じずに無痛治療を実現しています。