目立たない歯科矯正治療法っていったいどんなものがあるの?

目立たない矯正治療の王道「裏側矯正」

「裏側矯正」は歯科矯正の世界では目立たない治療法の代表的なもの。歯の裏側は常に唾液で洗浄されているので意外と丈夫、虫歯になりにくいって知ってましたか?従来の表側矯正ブラケットは構造の複雑さゆえ、歯間同様に食べ物のカスが詰まりやすい・虫歯になりやすいのが欠点です。虫歯になりにくい裏側の特性をこの矯正では存分に活かし、表側・歯間に虫歯から守る歯磨きが徹底できます。裏側矯正って装着が目立たないうえに実はこんなメリットがあったのです。また、舌で歯を無意識に押し出していたがために矯正する羽目になった人、結構いるんですよね。裏側矯正中はこんなクセともおさらばできます。デメリットは高い技術が求められるがゆえ料金は従来矯正よりも割高だということ。また、表側よりも負荷をかけにくいので治療期間はやや長めです。

目立たない治療のニューフェイス「マウスピース矯正」

「マウスピース矯正」はワイヤー等の締め付けが一切ない、近年注目の目立たない矯正治療法!裏側矯正同様、料金は高めですがワイヤー・ブラケットにはない開放感が魅力的です。透明で薄いマウスピースの型は口元をジッと見なければまず分かりません。しかも型を自由に取り外せるので食事中はもちろん、面談など大事なときこそ有用です。当然歯磨きはしやすく虫歯や歯周病になりにくいのもメリット。型の素材は日進月歩、その世界は広がりつつあります。ただし、この治療には幾つかの条件が存在し適応する人が限られます。矯正に付きものの奥歯抜歯をしなくても良い、複雑な歯列ではない等をクリアしなければいけません。そして指定された装着時間を徹底して守れること!これがこの治療の肝です。せっかく治療を開始できても、いい加減な装着では治療期間延長のみならず満足した結果にはなりません。綺麗な歯並びのために自らを厳しく管理する、そう自信を持って言える人にはお勧めです。

表・裏側矯正のいいとこ取り「ハーフリンガル矯正」

「ハーフリンガル矯正」聞きなれない人も多いでしょう。これは表・裏側矯正の長所を活かした治療法。他人に注目されがちな上顎の治療には目立たない裏側矯正を、下顎には従来の表側矯正を施します。これって大丈夫?本当に下顎装着が見えないの?って思いますよね。それでは鏡に向かって口を横に開き、下顎の歯と歯茎を出してみてください。そう、かなり意識しなければ出せないはず。それくらい下顎部分は普段隠れていて、かつ見えないものなんですね。上下治療が目立たないうえに舌が金具とケンカしないので会話しやすい、これも下顎のみ表側矯正だからこそのメリットです。おまけに完全裏側矯正に比べて料金もリーズナブル。ただし、ハーフリンガル矯正技術に長けているドクターはまだ数多くはありません。

オールセラミックは歯の詰め物や被せ物の素材の一つで、すべてセラミックからなります。透明感のあるきれいな白さで見た目が重要視される前歯の治療に適しています。ただし保険外適用となり負担額が大きくなります。